チビがナンパを極めてモテる男になるブログ

ストナンで、男を磨き、人生を豊かにします。日本一モテるチビ目指してます。21歳大学生。

タイプの子とアポ グダが強し

こんにちは。大五郎です。

東京に就活で来てて、もう内定はあるのですが、ナンパのために滞在していますw
せいぜい、あと3日ほどで田舎に帰らないといけません。
東京に住んでる人がマジでうらやましいですw

 


今回は一昨日のアポについて書きます。

当日、1時間ほど早く着いたのでストりました。

開始早々、いかにも無視しそうな子がいたので声かけ。
キツそうな子に話しかけるのがマイブームですw

 


俺「うす!」
テンション高めでいきました。

女「」

俺「元気?」

「w」

俺「ちょっとにやっとした?w 急に頭おかしいチビに話しかけられたみたいな?w」

女「はいw」

俺「そこは否定してくれないとひどくない?w」

早めにオープンしたので和んでたら連れ出せました。
放流後、向こうからラインがきたのでそこそこ食いつきはありそうです。


連れ出しが終わった瞬間にアポでした。
2週間ほど前に連れ出した子です。
1回アポが決まったけど、前日にキャンセルされて流れてました。
間隔を空けてラインを送ってみると、まさかの逆打診されてアポが決まりました。

データ
・23歳
・IT系
・背高めスト高、普通にタイプ
・1年間彼氏なし
・よくナンパされる

 

2週間ぶりの再会。

前回、初めて会ったときは全身真っ黒の夜職みたいな恰好でした
清楚系の服装で現れ、一瞬誰か分かりませんでした。


f:id:daigoroutan:20180815013436j:image 

 

 

俺「誰ですか?w」

女「ひどいw」

俺「前と全然、雰囲気違うね」

女「まあね」


1軒目にラーメンを食べに行き、2軒目は居酒屋に行くという珍しい流れでした。

1軒目は、前回連れ出した時の話を適当に展開して30分で退店。

2軒目は個室ではないんですけど、横並びのソファー席の店を利用しました。
ソファー席で太ももからの足先までのラインが真横に見えてたので、「めっちゃ美脚、ツルツルやん」とか考えながら凝視しすぎないように注意してました。


横並びだとツッコむ時とか軽くボディタッチできるし、手も握れるので最高です。

 


女「お洒落―! この店は来たことあるの?」

俺「1回だけあるよ」

女「女の子と来たんでしょ?w」


俺「それはどうなんだろうねw」

 


やたら、僕の女関係の話を引き出そうとしてくるので、たまに返答に詰まる時がありました。


徐々に恋愛話を深めていくと

・彼氏が長期間いない
・付き合っても続かない
・出会いがない
・全く興味のない男から告白される


とか主にこの辺りで悩んでいました。

 

 

ナンパについていったことはあるらしいですが、急にホテルに誘われたらしく、展開が早すぎて無理だったそうです。
この話を聞いて、退店後にホテルに誘うと、このままでは同じように断られると考えてしまって焦りました。
今、思えばもう少しこの話を掘っとけば良かったです。

 


会話の途中途中に「~に今度行こうよ」とか言ってきて次に会う約束をしたがっている感じでした。
割り切り関係ではなく、彼氏ルートに突入している気がしてました。

 

 

とりあえず、流れを変えたくて退店してハンドテスト。

普通に握ってくれたけど何か握りが浅い気がする。

ホテル打診しても絶対無理だと思ったので、カラオケを挟むことにしました。


カラオケルームに入ると明らかに空いてるスペースがあるのに、僕と体が当たるくらいの距離に座ってきました。
どのタイミングでキスするかだけずっと考えてました。

 


適当に2曲くらい歌った後、沈黙が訪れたので
「顔に何かついてるよ。目つぶって」でキス。
恥ずかしがってたので、そこを指摘すると何回も「嫌い」って言われましたw


キスはできるんですけど、そこからのガードが固くて中々進みませんでした。


「他の子にもやってるんでしょ?」
「慣れてるからヤダ」
「大五郎君を好きな子が悲しむよ」

 

口先では否定しつつも、まんざらでもなさそうな感じだったので、攻めているとやっとパイ揉みまで到達。


もういけると思ったので


俺「場所変えよ。とりあえず出よっか。」

 

女「うん、でも今日は帰るから。」

 

退店後、ホテル打診…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局

帰るグダが強くて崩せず負けましたww

 

 

あともうちょいって感じですね。
失敗したけど、普通に生活してたら出会えないような綺麗な子とイチャイチャできるので、やっぱりストナンは最高ですね。

まだまだ経験不足なので、これから失敗しまくって学びまくるつもりです。